ブログ

物件探し中のお客様向けシリーズ① 図面(間取り図)の見方

2016.06.10物件探し

こんにちは!光文堂花子です。

6月6日とか6月9日の語呂の良い日に小ネタブログを入れたかったのですが、バタバタして書けませんでした( ;∀;)

本日は、物件探し中の方・これから物件探しを検討されている方向けに役立ちそうな情報「図面(間取り図)の見方」をご紹介します。

まず、こんな図面(間取り図)があったとします。

ハルディン広瀬301 間取り

 

 

 

2DKタイプで、バストイレ別、ダイニングキッチンがあるな~

と大体わかるかと思います。

よく見ると『CF』って書いてありますね・・・

CFとは?

クッションフロアの略称で、『フローリング調のビニールでできたクッション床材』

のことです。

b0003400_17411962

 

 

 

↑比較画像ですが、見た目は殆ど替わりありませんね…

フローリングとの違いといえば、やはりビニール感のある質感と、重いものを置いておくと凹むことがあるというくらいでしょうか…

玄関の『SB』…お察しの通りシューズボックスの略です。

窓側の『AC』…これはエアコンですね。

 

では、次の図面(間取り図)です。

初台中央マンション903間取り

 

 

 

これは1LDKですね~バス・トイレ別で独立洗面あり。

こういう図面の留意点は…

風呂単体

 

 

コレ。お風呂。お風呂の左側に何か四角がありますね。

これが書いてあるものは高確率でバランス釜です。

バランス釜とは?

bara釜

 

 

 

こういうのです。

今ではだいぶ少なくなりましたが、古いマンションなど給湯式のお風呂に変えるのが困難な物件などたまに見かけます。

四角形の浴槽の横に釜がついており、お湯を出す前にちょっとした操作が必要になります。

少し面倒ではありますが、一番の利点は「追い炊きができる」ということ

また、万が一停電が起きたとしてもガスが通っていればお湯を沸かすことができます。

バラ釜が大丈夫なら物件の選択肢は結構広がると思います!

 

その他、お客様からよくご質問頂いたのは…

PS・・・これは玄関の横あたりによく書いてありますが、「パイプスペース」の略です。水道メーターやガスメーターが入っています。なので、特に使えるスペースではありません。

 

こんなところでしょうか。

他に何かご質問やリクエストなどありましたら、お気軽にコメントを頂けたら嬉しいです!よろしくお願いしますっ(^◇^)

 

一覧に戻る

ページトップ

Copyright(C)2007 KOBUNDO INTERNATIONAL All Right Reserved.